でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

大学生活 自己啓発

将来に悩む大学生が必ずやるべきこと【幸せに生きよう】

投稿日:2020年5月31日 更新日:

こんにちは、威吹電男です。

今年の春から食品業界でサラリーマンをしています。

学生時代は、趣味もなく、研究にもそこまで身が入らず、自分が何をすべきかに日々悩んでいる状態でした。

今日はそんな僕が今感じる、大学生のうちにやるべきことについてお話しします。

この手の記事は結構出てるので、いろんな人の意見を参考にするといいと思いますが私の個人的意見として聞いてください。

 


将来のために大学生が必ずやるべきこと

比較的時間に余裕がある大学生がやるべきことはたった一つ。

それは「自分の幸せについて考える」ということ。

 

大学生がやるべきこととしてよく挙がるのは、

  • サークルに入る
  • 旅行に行く
  • 読書をする

などなど。

これらも大事ではありますが、全ての人に当てはまるわけではありません。

どっちでもいいんです。やりたい人がやればいい。

 

ただ、自分の幸せに関しては、無視はできないはず。

人間誰しも自分が一番大事ですからね。

  1. 自分の感じる幸せとはいったい何なのか
  2. その幸せはどうすれば得られるのか

ここらをしっかりと理解すれば、自分が勉強すべきなのか、旅行に行くべきなのかも分かってくるはずです。

 

将来の自分を幸せにする手順

幸せについて考える上で、やるべきことを順に説明します。

①過去に感じた幸せについて思い出してみる

これまで自分がどんな時に幸せを感じてきたかについて考えてみましょう。

人生が何となくつまらないという人でも、これまでの人生全てが絶望だったわけではないはずです。

どこかで何かしらの幸せは感じてきたはずなんです。

  • おいしいものを食べた時
  • 布団で二度寝した時

など、何でもいいんです。

そういった小さな幸せでもいいので、それらを日々の生活に取り入れていきましょう。

 

真面目な人ほど、「もっとがんばらなきゃ」と思って、自己犠牲に走ってしまいます。

それは意味ありません。

まずは自分を幸せにしないと、他人を幸せにすることはできないのです。

 

②幸せの継続的な実現に向けて行動を逆算する

自分にとっての幸せが分かったら、次はそれを継続的に実現していく方法を考えます。

思いついた幸せを全て実現できることがベストなんですけど、そうもうまくいかないのであれば、優先事項を考えないといけません。

 

仮に、「おいしいものを食べている時が一番幸せ」であるとします。

その次は、「どうしたら今後の人生でおいしいものを食べ続けられるか」を考えます。

 

しかしこの場合、おいしいものというと少し曖昧なので、まず「どういったものをおいしいと思うのか」を考えてみましょう。

それによって必要な行動も変わったりします。

  • すき家の牛丼が最高においしい→そこまでお金は要らない
  • 高級な黒毛和牛を日常的に食べたい→それなりのお金が必要

こんな感じで、幸せを確保するために必要なお金も、人によって異なります。

後者の場合、収入を高く保つ必要がありますが、もちろんそれ相当の努力が必要です。

黒毛和牛を食べたい

年収を上げる必要

就活を成功させる必要

面接で勝つために、コミュニケーションスキルを上げる必要

人と関わる環境に飛び込む必要

サークルに入る、アルバイトをする

こんな感じで、自分がなりたい状態から、行動を逆算していくのです。

僕の場合は、こんな感じになりました。

<求める幸せ>
結婚して子どもを2人作り、平和な家庭を築く+自分の興味ある仕事で楽しく働く

少なくとも平均以上は稼ぐ必要

年収は高くないけども興味のある食品業界に就職し、
足りない分は副業でカバーする

サークル等で最低限のコミュニケーション能力を身につけ、在宅時間は作業

副業をすることに決めたのは就活終わった後だったんですけどね。

 

副業でYouTubeを選んだのも理由があります。

幼少期の頃から、何かいい作品に出会った際に、自分もそれを作りたいという思いが湧いていたんです。

  • おもしろい本を読む→それを参考に本を書く
  • おもしろい映画を観る→それを参考に映画を考える(制作には至らず)
  • 宝塚歌劇を観る→家で歌って踊る音楽会を開く

こんな感じで、考えること自体も楽しかったですし、できたものを親に見せて喜んでもらうことも嬉しかったのです。

一方で、ゲーム・漫画は禁止されており、その後も興味湧きませんでした。

こういったことから、僕は消費するタイプの遊びをすることよりも、自分で作ったもので人の役に立つことが幸せなのだということが分かりました。

 

YouTubeは、大学4年の頃にはまりました。

自分と年齢の近いYouTuberたちが生み出す数々の面白いコンテンツは、趣味がなくて暇を持て余していた自分を救ってくれました。

かつ今は動画市場が伸びており、YouTubeは稼ぎ時であることも分かっています。

こうして僕はYouTuberになりました。

 

今はまだ収入ゼロです。

しかし、動画を作ることは楽しいので続けられています。

YouTubeに飽きたら、また別の策を考えるかもしれません。

 

考えるには知識も必要

一部の人は気づいたと思うんですけど、幸せになるための行動を逆算していくには、それなりの知識も必要です。

お金持ちになりたいのであれば、お金持ちになる手段をいくつも知っていなければいけません。

そしてその中から最も自分に合った選択肢を選ぶんです。

ですから考えることに加えて、やはり勉強も必要なんです。

 

多くの人は、これから就活をすることになると思うんですけど、就活ではどれだけ思考を深めたかで勝負が決まると言っても過言ではありません。

何となく会社を選んで、何となくで志望理由を考えても、「浅い」と思われて落ちます。

他の人と差をつけるには、面接官に「この人はよく考えているな」と思わせることが必要です。

よく考えるには、考える材料が必要なので、気になる会社や業界のことはよく調べて、知識をつけましょう。

いわゆる企業分析ですね。

と同時に、自分のことをしっかり理解して、それを分かりやすく相手に説明できるようになりましょう。それが自己分析です。

 

意識高い目標は要らない

人は幸せに生きればそれでいいんです。

それ以外に正解はありません。

 

人生において、絶対にやらなければいけないことはほとんどありません。

日本人の三大義務、納税、勤労、教育。これだけです。

これ以外は何をしても自由。

つまり、自分が幸せになることだけに時間を使いましょう。

他人に構っている時間はありません。

 

別に「今の世の中を変えたい」とかそんな大げさな目標は立てなくてもいいんですよ。

自分の人生だけについて考えていればいいんです。

そうすれば、よくわかんないけど周りがそうするからという理由で進路を決定し、後悔することは減ると思います。

付け足しておくと、周りに流されることが悪いというわけではありません。

自分で考えることが大嫌いで、周りにひたすら合わせて流されるまま生きていく、それが幸せに感じるなら、そうすればいいと思います。

要は自分はどう思うかなのです。

  • 親の期待に応える
  • ひたすらパチンコに課金する
  • 好きな人を追いかけて海外に行く

こういったことも、全部自由です。

それがその人にとって幸せなのかは、その人しか分かりませんから、周囲が口出しすることはできません。

自分の幸せを追いかけていれば、他人の行動には一切目が行かなくなるはずです。

その人はその人で、同じように自分の幸せを追いかけているだけですから、文句を言ったって、しょうがないんです。

 

まとめ

というわけで、大学生が、いや全人類がやるべきことは、
「自分の幸せについて考える」ということでした。

大げさな目標はいらない。

まずは自分の人生を成功させて、その後で他者貢献すればいい。

各々が幸せに生きて、不毛な争いがなくなることを願っています。

まあ難しいでしょうけど。

ではまた。

-大学生活, 自己啓発

執筆者:


  1. […] 将来に悩む大学生が必ずやるべきこと【幸せに生きよう】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【絶対お得】大学生は免許合宿に行くべき!

免許合宿とは、自動車学校が開催する、運転免許を取得するための合宿である。 入校から卒業まで2週間程度、自動車学校のある地域に泊まり込んで、通いながら生活を送るものだ。 そして僕は、大学生が免許を取るな …

早起きの習慣を作る方法【結論:起きる理由を作るべし】

どうも、めちゃめちゃ夜型人間の威吹電男です。 夜型なので、朝が苦手です。夜の方が元気が出ます。深夜の静まった空間で一人で勉強したりブログを書いたりするのが好きです。 朝の元気のなさは半端じゃありません …

高学歴を手にするメリットについて、高学歴マンが解説します

こんにちは、威吹電男です。 2018年に筑波大学を卒業し、ある程度の学歴を手にすることができました。 しかし高校生の中には、実際学歴がどういった場面で活かされるのかについて、分かっていない人も多いと思 …

就活は都心の大学生が圧倒的有利です

今年の春まで就活をしていた威吹電男です。 私の経験から、就活をする上で大学の場所というのは非常に重要であるという話をします。 目次1 就活は都心の大学生が圧倒的有利1.1 就活は都心で行われる1.2 …

【節約術】金欠大学生が食費を効果的に抑える方法

こんにちは。月の食費は2万円程度の威吹電男です。 大学生のみなさん、月の食費はいくらぐらいですか? 一人暮らしの大学生の平均的な食費は3万円くらいという情報も聞いたことがあるので、食費2万円というのは …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部