でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

一人暮らし

大学院生ですが、ミニマリストになりたい。

投稿日:2019年9月8日 更新日:

こんにちは、威吹電男です。

最近ミニマリストが気になっており、自分もなりたいなあと思っています。

 

ミニマリストとは、簡単に言えば「必要最低限のもので暮らす人」

最近話題になっていて、もはや一種のインフルエンサーとも言われていますね。YouTubeでもミニマリストの動画がたくさん上がっています。

よく見るのはこのあたりですね。

彼らの部屋におけるモノの少なさは圧倒的です。

失礼ですが、初めてミニマリストの部屋を見た時は、「こいつら、アホか?」となりました。こんなところでどうやって暮らすねん。

しかし、彼らの事情を知った今、僕はもうすっかり彼らに憧れています。

 

ここでは、ミニマリストの魅力および現在の私の状況をお伝えできればと思います。





大学院生、ミニマリストを目指す。

ミニマリストの本質:無駄を徹底排除し、本当のお気に入りを大切にする

ミニマリストになる理由、それは「無駄を省いてシンプルな生活を送りたいから」です。

 

最近、というか日本が経済成長して以降、世にはモノが溢れかえり過ぎです。

お店に行けばモノ、モノ、モノ。

そこで買い物すればするほど、お金は出ていき、部屋はモノでいっぱいになってごっちゃごちゃです。汚いです。

 

しかも、そんなにモノを所有していて、すべて使いこなせるのでしょうか。

大して使いもしないモノを買って家に放置しておくのは、お金も空間もあまりにもったいない。

 

モノを減らして、もっとシンプルに、すっきりとした部屋に。

そう、Simple is the BESTです。最上級にはtheがつきますのでお忘れなきを。

 

しかも、使うモノでも、同じようなものをいくつも持っていると、どれを使うかという迷いが生じます。

これは優柔不断な僕にとっては特に、考える労力と時間の無駄であり、大きな弊害です。

お気に入りの一つのモノを迷いなく使いたい。

 

以上の理由から、僕もミニマリストを目指します。

 

僕の部屋の現状

現在の僕の部屋です。

友人の部屋とかと比較すると、余計なものがなくてかなりすっきりしていると思います。・・・と言いたいところですが、いかがでしょうか。

あえて言えば、色味が統一されていないのが残念ポイントですね。

 

今まで思い出として取っていたものでも、今後見返す予定がない、見返してもワクワクしないといったものはどんどん捨てています。まだまだミニマリストには程遠いですが。

 

来月から今よりもずっと狭くて汚い部屋(学生宿舎)に住むので、引っ越しを楽にするためにも、モノを減らします。

 

本棚はこんな感じです。白いカラーボックス丸ごと空にできたのはすごいと思います。

なかなか捨てられないのは、大学のレジュメ。いや、8割くらいは捨てたんですよ。残った2割は、専門中の専門分野で、今後も勉強しようと思った時のために、取ってあります。

いつ捨てるんだろな~。

 

ここらへんは趣味の範囲なので、無理して捨てることはないと思っています(僕は模型が好き)。てかむしろ増えるかも。

 

あとは服の断捨離ですね。服はあっても困るものではありませんが、最近ますますシンプルな服が好みになってきたので、ちょっとでも派手な服は手放したいです。

どうしてでしょうね。昔は服がシンプルなものはおもしろくない!とか思って、やたら色のついた服を着たがってました。大人になったものです。

そもそも僕、164 cmという低身長かつ若干童顔なので大人っぽい服を着ないとバランスが取れないのですわ・・・

身長だけは断捨離しちゃいけねえ・・・。

 

モノがなくても人生は楽しめる

モノを共有する時代

今の時代、モノを所有するのではなく、共有する時代になってきていますよね。

いわゆる「シェアリングエコノミー」ってやつです。

資源を無駄にせず、ごみを減らすためにも、非常に良い流れだと思います。

カーシェアリングとかはよく耳にしていましたが、最近は洋服のレンタルサービスもあるらしいですね。

ウエディングドレスに限らず、短期間のうちしか着ない特別な服とかなら、買うよりもお得かもしれません。

僕の場合、滅多に使わない喪服とかは買わずにレンタルで済ませたいです。

 

ということで、モノは必要になったら借りればいいと思えば、別に家に置いておく必要もなくなってくるわけです。

モノが少なければ部屋も広くなくて済むので、家賃を抑えることにもつながります。

まじ、良いことだらけや。

 

全てを捨てる必要はない

別に捨てたくないモノを捨てる必要はありません。

ミニマリストが目指すのは、

「自分が心から好きだと思えるモノだけを残して、心地よい暮らしを実現すること」

全てのモノが断捨離の対象というわけではないのです。

 

さらに、現代はモノが多すぎて、モノのありがたみがなくなってきています。モノを買うよりも、特別な体験の方が僕にとっても大事に思えてきました。

行ったことないところに行くとか、食べたことないものを食べるとか、話したことない人と話すとか・・・。

まあ、今の僕の楽しみはYouTubeなのでそれこそモノが要らないんですねえ。パソコンくらい。

今後心はモノではなく新しい体験で満たしたいと思います。人生は冒険や。

 

ではまた。



-一人暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人暮らしに必要な家具・家電を紹介します

どうも、一人暮らし歴6年目の威吹電男です。 私見ですが、大学生等が一人暮らしを始めるにあたって新しく手に入れる必要がある家具や家電を簡潔にご紹介します。 何を買えばいいか分からない人、これを見てさっそ …

【実家?一人暮らし?】大学生には一人暮らしをおすすめします

大学生のみなさん、現在一人暮らしですか?それとも実家暮らしですか? 茨城に住んでいる僕の周りは、僕も含めてほとんど一人暮らしですが、就活で東京に行くと、実家の方が多数派だったりします。 さて、一人暮ら …

【節約術】金欠大学生が食費を効果的に抑える方法

こんにちは。月の食費は2万円程度の威吹電男です。 大学生のみなさん、月の食費はいくらぐらいですか? 一人暮らしの大学生の平均的な食費は3万円くらいという情報も聞いたことがあるので、食費2万円というのは …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部