でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

大学生活

【絶対お得】大学生は免許合宿に行くべき!

投稿日:2019年5月30日 更新日:

免許合宿とは、自動車学校が開催する、運転免許を取得するための合宿である。

入校から卒業まで2週間程度、自動車学校のある地域に泊まり込んで、通いながら生活を送るものだ。

そして僕は、大学生が免許を取るなら、絶対にこの「免許合宿」に参加することをお勧めする。

どうしてそこまで勧めるのか、それをこの記事では説明しようと思う。




大学生が免許合宿に行くべき理由

通いよりも確実にお得

僕が免許合宿に参加することをお勧めする理由、それは、「免許取得」に加えて得られるメリットが多すぎるからだ。

 

僕は大学1年生の夏休み、学科のイベントとしての免許合宿に参加した。参加者は同じ学科の同期20人くらい。大学は茨城だが、通う学校は北海道の苫小牧だ。僕はそれで生まれて初めて北海道に行くこととなった。

中野自動車学校ホームページ

↑お世話になった自動車学校。気になった方はぜひ!

 

大学近くの自動車学校に通うという選択肢もあったが、わざわざ合宿を選んだ理由は、「とんでもなくお得だから」である。

僕が参加した合宿の参加費は約30万円。高いと思うかもしれないが、自宅から普通に学校に通う場合も、ほぼ同じである。

自宅にいながらいつも通りの生活を送り、合間に自動車学校に通うだけの生活と、教習内容は詰め込まれるけども、2週間北海道で過ごして、合間に観光にも行ける生活。どちらがいいかといえばそりゃ後者だろう。

2週間も家を空けて大丈夫なのかと思うかもしれないが、大学生の夏休みや春休みというのはめちゃめちゃ長いのだ。ずっと家にいたところで暇で暇で仕方ないことだろう。

観光できるだけでなく、北海道での宿泊場所はビジネスホテル(個室、食事付き)である。通常2週間も滞在したら、相当な金額を払うことになるはずだが、上記の合宿費にはそれが既に含まれているのだ。

すなわち、宿泊代・食事代はほぼ無料で過ごせたといえる。家にいるよりも確実にお得である。

 

観光では、札幌や小樽を訪れ、

白い恋人パーク(工場見学ができる)や、オルゴール堂などを見学した。

ジンギスカンのバーベキューもした記憶がある。

9月だったので、気温はちょうどいい。移動費もバスだったので無料、さらに現地での食事も一部出してくれた記憶がある。

同じ学科の仲間と回るので、そこで仲良くもなれる。

高校まで友達と遊ぶということがほとんどなかった僕だが、そこで初めて友人とカラオケに行くという経験をした。全くうまく歌えなかった記憶しかないが、それも勉強である。

これほどまでに良いことづくめのイベントが他にあるのかと疑ってしまう。

 

時間があるのは大学生のうちだけ

大学時代はめちゃめちゃ時間があるので、自動車運転免許を取得する最後のチャンスだと思っておいた方がいい。

就職すれば、時間は土日しかなく、せっかくの休みを自動車学校のために使っていては体も休まらず、もったいない。

実際車を運転するかどうかは別として、免許は持っていて損はないだろう。免許証は、身分証明書として頻繁に使える。

そして、免許取得のために、2週間も家を空けられる機会なんて、社会人になったら二度とやってこないであろう。

 

免許合宿のデメリット

ここまで良いことばかり書いたが、デメリットがないかというとそんなことはない。

いくつかあげると、こんなものがある。

  • 空き時間は暇(基本的に自動車学校内の控室で仲間と共に過ごすので、一人が好きな人は苦痛かも)
  • ずっとホテル暮らしなので、同じく暇をつぶすものがないと部屋で退屈する
  • 短期間で一気に詰め込まれるので、その分終わった後忘れやすい
  • 試験に不合格になった場合、仲間と帰る日がずれてしまう(一人取り残される)可能性がある

以上のことが気にならないというのなら行けばいいし、どうしても引っかかるなら考えたほうがいい。

しかし僕としては、控室にいようがホテルにいようが非日常が体験できるので、行ける時に行っておいた方がいいと思う。そこでどんな出会いがあるか分からないのだ。同じ学科の仲間なので、仲良くなって損ということもないだろう。

ちなみに僕はコミュ障なので合宿中も全員とそこまで打ち解けられたわけでもなく、気の合う友人一人と行動を共にすることが多かった。

普通に話せる人なら、普通に仲良く遊べると思うので、行ってみるといい。

終わった後忘れやすいというのも、普通に通って取得した場合もある程度時間がたてば同じなので、そこまで気にする必要はない。

不合格になった場合一人になるというのも、それをうまくプレッシャーにしてがんばれるのではないだろうか。

何でも捉え方次第である。

 

まとめ

免許合宿は、自宅から車校に通うのと価格がほとんど変わらないにもかかわらず、普通の教習に「無料の食事・宿泊施設・学校周辺の観光・仲間との交流」がプラスされたものであると考えることができる。

追記しておくと、田舎過ぎて学校周辺に観光場所が何もないという場合もある。こうなるとお得感は減ってしまうが、その分仲間との交流を深めて、屋内や自然の中でできる遊び等をめいいっぱい楽しめば時間は潰せるだろう。

いずれにしても、時間のある大学生のうちにしか経験できないことであるので、ぜひ行くべきである。

全人類におすすめしたい一品である。

ではまた。



-大学生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【暗記の味方】赤シートを使ったおすすめ勉強法

こんにちは、威吹電男です。 考察系の勉強が重視されてきているとはいえ、やはり知識がないと考察もできないため、知識を増やすための暗記は勉強の基本だと言えるでしょう。 そんな中、 覚えなきゃいけないことが …

【実家?一人暮らし?】大学生には一人暮らしをおすすめします

大学生のみなさん、現在一人暮らしですか?それとも実家暮らしですか? 茨城に住んでいる僕の周りは、僕も含めてほとんど一人暮らしですが、就活で東京に行くと、実家の方が多数派だったりします。 さて、一人暮ら …

理系大学院生のかばんの中身を紹介します

こんにちは、威吹電男です。 YouTube等で人気の企画、かばんの中身紹介。 農学部にて理系大学院生としての生活を送る僕は、普段どんなものを持ち歩いているのでしょうか。   気になったあなた …

【疑問】物理選択ですが、農学部に入っても大丈夫ですか?

こんにちは、威吹電男です。 高校で物理を選択しており、生物をやっていないんだけど、農学部に興味がある。 そんな人がいるみたいですね。 中には「入学後に苦労するのか」ということが気になっている人もいるよ …

農学部卒の私が大学院に進学した理由を説明する

こんにちは。いわゆる農学部の大学院2年生、威吹電男(いぶきでんお)です。 大学生の皆さんは、今後の進路としては、普通に考えると就職するか進学するかの2択だと思います。 文系であればほとんど就職するでし …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部