でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

自己啓発

ものをなくさない方法とは?【なくす原因と、解決への3つのステップ】

投稿日:2019年5月31日 更新日:

ものをなくしてしまう。よくあることだと思います。

整理整頓が得意な私でも、ものをなくすことはあります。

一番多いのは、自転車の鍵です。

田舎の学生なので、自転車に乗ることが多いのですが、家と外を行ったり来たりしていると帰宅してから鍵をどこに置いたか分からなくなってしまいます。

そして、次に出かけようとしたときに鍵がなくて

「やべ、ない、ないーーーーーーっ!!!」と焦ります。

 

鍵以外にも、財布がなくなる。スマホがなくなる。テレビのリモコンがなくなる。

人はなぜものをなくしてしまうのでしょうか。

今回はそれについて考えてみます。




ものをなくしてしまう原因

①持っているものが多い

犬はスマホをなくしません。なぜなら、スマホを持っていないからです。当然ですが、ものを持っていなければ、なくすことはありません。

また、ものの数が多いということは、その分陰となって見えない部分も多いということになります。その陰に、あなたがなくしたものが隠れている可能性があります。

ものの少ないすっきりした家より、ゴチャゴチャした家の方がかくれんぼもしやすいですよね。そういうことです。

 

②ものではないところに意識が向いてしまう

ものがなくなるというのは、ものが消えてしまうということではありません。

ものがどこにあるか分からなくなることです。

その証拠に、なくしたと思っても大抵のものはどこかで見つかります。

屋外で落としてしまうとかであれば、盗まれてしまって永久に見つからない可能性がありますが、家の中でなくしたのであれば、どこかにきっとあるはずなんです。

スマホにしても、鍵にしても、リモコンにしても、なくしてしまう原因は、どこに置いたかを忘れてしまったということでしょう。

なぜ忘れるのか。それは、ものではない他のところに意識が向いているからです。

 

私が鍵をなくす時は決まっていて、外から帰宅した時です。

外出先でなくすということはありません。おそらく、外で落としたらやばいという意識があるのでしょう。鍵はポケットに入れるという習慣があります。

鍵が必要な時は、体中のポケットを探ればどこかしらから出てきます。

ところが、家に帰った際はそうではありません。

わざわざポケットに入れる必要はないのです。なぜなら、ここは家の中です。落としても盗まれる心配はありません。安心感で気が抜けてしまっています。

さらには大好きなおやつのことで頭がいっぱいな状態で、自転車の鍵のことなど構っていられるはずがありません。

普段の置き場所を無視して、無意識に机に置くか、ベッドに置くかしてしまいます。そしてそれは覚えていないのです。

 

テレビのリモコンも同様です。

私の家にはテレビのリモコンはありませんが(壊れて捨てました)、実家にはあります。そして、ものすごい頻度でなくなっていました。

現れては消え、現れては消えの繰り返しです。神出鬼没の怪盗かよ。

しかし改めて考えると、リモコンほど意識が向けられないものはないと思います。

あなたがテレビを見ようとリモコンを操作する時も、意識が向いているのはテレビの方であり、リモコン本体ではありません。

そして、面白いチャンネルを見つかれば、リモコンはぽーんと放り出されてしまいます。めっちゃかわいそう。

こうやってものはなくなってしまうんですね。

 

ものをなくさない人になるために

ここからは、どうすればものをなくさなくなるかについて、私の提案を書いていきます。

ステップ①自分がものをなくしやすい人であることを自覚する

これができている人がどれだけいるでしょうか。

「絶対なくさないぞ」という意識だけで人は変わりません。

「明日から早起きする」と言って早起きできないのと一緒です。

自分はものをなくす人間であり、変えることはできない。

なくさないためには、いかになくせない環境を作っていくか。そこから考える必要があるんです。

 

ステップ②とにかく持ち物を減らす

ものをなくす人、今すぐミニマリストになりましょう。

ミニマリストというのはつまり必要最小限のもので生きている人です。

もともと持っているものが少ないと、比例してなくすものも少なくなります。

 

ものが多いと、それだけ意識が分散しますから、一つひとつにかまっている時間も少なくなります。

そうなると当然どこに何を置いたか忘れていきます。

 

さらに、ものが少ないと、ものが隠れるスペースもなくなりますから、なくしても探しやすくなるんです。これは強いですね。

 

多機能すぎる「スマートフォン」の登場によって不要になったものはめちゃめちゃ増えたと思います。

いらないものはガンガン捨てて、用途を統一できるものは統一して、自分が意識を向けられる最小限のアイテムで生きていきましょう。

 

ステップ③置き場所を指定し、いつもそこにしまう

ある程度ものが少なくなったら、それらが必要な時にいつでも見つかる場所というのを決める必要があるのです。

まあつまりものの置き場所を決めろということですね。

 

もし、家の中のもので、置き場所やしまう場所が決まっていないというのがある場合は、今すぐ決めてください。

そして決めたら、今後はそこに戻すまでは、そのものに対する意識を途切れさせないということを続けてください。

 

最初はしんどいでしょうが、そのうちそこに戻さないと気持ち悪いくらいにまでなると思います。

私の場合、家の鍵や自転車の鍵は玄関横に置いています。出かける前にそこから取り、帰宅したらそこに戻します。

また、財布は常に鞄(リュックサック)の中です。家の中で財布を使うことはありませんからね。

 

郵便で来る書類に関しては、以下の通りです。

一時的に机の上

要らない(見返さない)もの:ごみ箱

要る(見返す)もの:種類別で分けたクリアファイル

マジで書類に関しては収納場所を徹底しないとあっという間になくなってしまいます。

学生なので授業でもらうレジュメ等が大量にありますし、そういったものの隙間に入り込んでしまったら、必要な時に一枚一枚めくって探さなければならず、時間がめちゃくちゃかかります。

 

まとめ

ものをなくさない方法を紹介しました。

  1. 自分がものをなくしやすい人であることを自覚する
  2. とにかく持ち物を減らす
  3. 置き場所を指定し、いつもそこにしまう

この流れで実行してみてください。

それでも無理なら、もう諦めて、必要になる度に同じものたくさん買うマンとして生きていってもいいかもしれません…私は嫌ですけど。

ものは大切に。

ではまた。




-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大学の勉強が役に立つ場面を考えてみた【結論:会話ネタにしよう】

こんにちは、威吹電男です。 大学は農学部で、大学院(修士)まで出ています。   「大学の勉強って役に立たないよね」とよく言われます。 実際その通りで、農学すなわち食の生産という一見実用的な学 …

貯金の得意な私が唯一おすすめする、効果的な貯金方法とは

老後の2000万円の話題で盛り上がりましたが、貯金がしたくてもなかなかできないという人もいると思います。 そんな人におすすめする効果的な方法を教えます。 僕は比較的貯金は得意だと思っていて、親からの仕 …

【何もすることがないという人へ】おすすめの有益な暇つぶし方法4選

こんにちは、威吹電男です。 「何もすることがない、暇でつらい」という人はいると思います。   僕も大学生の頃は、ふとした時にやってくる空いた時間にすることがなく、結構悩んでいたものです。 今 …

あなたが行動できない理由【結論:情報不足と慣れの問題です】

こんにちは、威吹電男です。 口数に似合わない行動力で、人生を楽しんでいます。   「行動することが大切」というのは、自己啓発に興味があるみなさんであれば何度も耳にしていると思います。 しかし …

将来に悩む大学生が必ずやるべきこと【幸せに生きよう】

こんにちは、威吹電男です。 今年の春から食品業界でサラリーマンをしています。 学生時代は、趣味もなく、研究にもそこまで身が入らず、自分が何をすべきかに日々悩んでいる状態でした。 今日はそんな僕が今感じ …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部