でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

大学生活

アルバイトの面接が不安な人へ【ポイントを押さえれば楽勝です】

投稿日:2019年5月27日 更新日:

アルバイトをしている大学生のみなさん。

もしくはこれからアルバイトを探す予定のみなさん。

アルバイト先に採用される前には、おそらく面接があると思います。

私も1年生の時に受けました。

当時の私は、人生初の「働く」という経験を手に入れようとしていたので、それはそれは緊張していました。ついこの前までやっていた就活と同じ気分です。

しかし、今考えると、アルバイトの面接なんぞ就活のレベルとはかけ離れて生ぬるいものなのだということが分かります。ですから、怖がる必要は全くありません。

以下、アルバイトの面接が楽勝な理由を解説していきます。




アルバイトの面接が不安な人へ

アルバイトの面接で聞かれること

最初にはっきり言っていおきますが、アルバイトの面接なんぞ、よほどの人でない限り受かります。

ですから、安心して臨んでください。

面接で聞かれることはだいたい決まっています。

  • 週に何日、どの曜日にどれぐらいの時間働けるのか
  • 月にどれぐらい稼ぎたいのか
  • 休日(土日)も働けるのか
  • いつまで働けるのか

以上。すなわち、重要なのは「どれだけ働いてくれるのか」です。

それ以外の個人情報(大学でどんなことしてるのか)は、聞かれたとしても形式的なもので、実際は興味ないと言ってもいいでしょう。

 

誰でもできるとはいえ、入ってから覚えることはたくさんあるので、あまりに早く辞めてしまうと、教えただけで終わってしまい、教える労力の無駄になってしまいます。

実を言うと、私は初めてのアルバイト面接(居酒屋)で落ちました。

その時は、1か月という短期雇用を希望していたので、今考えるとまあ落ちて当然かなという感じです。

事実、その後の他のところでの面接では、長く働けますと言って、ちゃんと受かっていますからね。

 

ということで、居酒屋や飲食店の場合、「1年くらい、週2日で働けます」って言っておけばOKです。

これで受かります。

人手不足だった場合は、週1と言っても受かるでしょう。

 

1年も働けるか分からないじゃんと思った人。

もちろん、嫌になったら途中で辞めればいい話ですから。

面接で言ったことを守り続ける必要はありません。

 

あとは、あまりにバカでコミュニケーションが取れないとか、

不潔すぎるとか、そういうのでなければ、大半の人は問題ないでしょう。ですから、緊張する必要はありません。

 

もちろん、偉そうな態度で臨めと言っているわけではありませんからね。面接で印象が悪くなると、その後も警戒されて働きにくくなってしまいます。

むしろ演技でも多少の緊張を見せるぐらいの方が、「こいつ素直でかわいいな」と思われて印象が良いかもしれません。

 

アルバイトに求められるスキルなんてない

アルバイトの仕事は誰でもできます。

多少の向き不向きはあるかもしれませんが、それでも流れを覚えてしまえばあとはそれを繰り返すのみです。

どんだけバカな高校生であろうが、レジ打ちはできるし、レストランでお客様に料理を運ぶことくらいできます。

マニュアルに沿って行動すれば仕事になるように仕組み化しているのが普通です。

 

誰でもできる仕事は、給料の安い非正規雇用者に任せた方が、人件費を節約できます。

だからできるだけアルバイトに働いてもらいたいのです。

 

アルバイトは誰でもできるようになっているので、自分の長所・短所を真剣に考えることなど、必要ありません。

提出する履歴書に書く欄があったとしても、雇う側はほとんど気にしていないと思います。

 

アルバイトを雇う店舗は基本人手不足

私はアルバイトのとして飲食店の厨房スタッフと、塾講師を経験しましたが、正規雇用である社員の働きっぷりはかなりブラックでした。

特に飲食であれば、閉店が深夜になることは確実であり、それ以降も片づけの業務が続くので帰れません。健康的な生活とはおさらばです。

1~2年生の時に働いていたファミレスでは、社員の勤務はシフト制で、早番が9時半~21時、遅番が15時~26時という感じでした。

店の混雑具合によっては、早番の人が帰宅を延長したり、遅番が早めに来るということもありました。

あまりに混むと、休憩すらろくに取れないということもあります。

それで勤務中はずっと体を動かしていないといけないのです。あんな仕事、よほどの体力自慢でないと務まりません。

 

さらに24時間営業の牛丼屋も経験しましたが、社員の動きは完全不規則で、人が足りないという時間にいつでも入らなければならないのです。

社員の願いはただひとつ。

「人が足りなくて営業できないということを防ぐために、できるだけアルバイトに働いてもらいたい。」

はっきり言って、店ごとの社員の人数はあまりに少ないので、アルバイトがいなければ確実に潰れます。

たとえ週1回でも、働けるなら働いてほしいのです。一人ひとりの入る頻度は少なくても、人数が多ければカバーできます。

それくらい、大学生のアルバイトというのは求められています。ですから、雇わない理由がありません。

 

きついアルバイトを辞める方法も簡単

「勉強が忙しいから」でOK

バイトは誰でもできるとはいえ、決して楽なものばかりではありません。

特に忙しい飲食のバイトは、体力をめちゃくちゃ持っていかれます。

 

忙しい状況で、自分がサボると他の人に負担がかかるのが申し訳なくて、情でたくさん働いてしまう・・・真面目な人にとってはよくあることだと思います。

非常に立派ではありますが、それも行き過ぎると体を壊します。

 

バイトで疲れると、それ以外のことが何もできなくなってしまいます。

テスト勉強がおろそかになって単位を落としてしまうかもしれません。

さらに、そうやって大活躍してしまうと、辞めるのも苦労することになる可能性があります。

店長からバイトリーダーのような重要なポジションに任命されると、責任が増え、簡単には辞めづらくなってしまうものです。

 

もちろん、その職場が大好きで心からたくさん働きたいと思っているなら構いません。

しかし、そうでもないのに無理して働き続ける必要はないのです。

 

たくさん働いていた職場を辞めるには、徐々に勤務日数を減らし、忙しいアピールをした上で辞めるのが最善でしょう。

別に嘘でも構いません。

学生の本分である勉強をおろそかにしてまで働けという店はそうそうないはずです。

 

万が一、それでも辞めるなと言われた場合。

「うちの店の状況を考えたことはあるのか!!」

みたいな言い方をされた場合。

そんな店はますますヤバいのでもう速攻で辞めましょう。

最悪バックレても構いません。

逃げるが勝ちです。自分の身は自分で守る。

 

「君がいないと店が回らない」は嘘

店長に辞めることを告げた際、

「君がいないと店が回らないんだ!」と言われることもあるかもしれません。

頼りにされているようで、嬉しくなってしまうかもしれませんが、実際そんなことはありません。

繰り返しになりますが、バイトなんて基本誰でもできるんです。だからバイトにやらせてるんです。

一人辞めれば、新たに一人雇うだけ。

 

私も、ファミレスを辞める際に同じように引きとめられましたが、

「僕一人が抜けたくらいで回らなくなることはないと思います」と店長に返した覚えがあります。

当時の私にしてはよく言えたなと思っているのですが、実際その通りで、私が辞めた後も、その店はずっと経営が続いています。

 

バイトしたい人は意外とたくさんいます。現状人が少なかったりしても、店側が時給を上げたり、まかないを出したりと、労働環境を少しでも改善すれば、

学生の間でも「あそこの職場は働きやすい!」と噂になり、すぐに人は集まります。

それをせずに「人が足りない!!」と嘆いてるところはもうどうしようもありません。

 

まとめ

大学生のアルバイトは拒否する理由がないので、こちらから応募すれば確実に受かる。

あなた以外のアルバイトもたくさんいるので、つらくなったら辞めていい。

以上です。



-大学生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スタイル別】大学の授業の受け方!高校との違いも解説

こんにちは、威吹電男です。 大学は2018年春に卒業しました。その後大学院を経て、今は社会人一年目です。   大学生になったばかりのみなさん。 これを書いている2020年春の時点では、コロナ …

【絶対お得】大学生は免許合宿に行くべき!

免許合宿とは、自動車学校が開催する、運転免許を取得するための合宿である。 入校から卒業まで2週間程度、自動車学校のある地域に泊まり込んで、通いながら生活を送るものだ。 そして僕は、大学生が免許を取るな …

【大学3年生向け】研究室選びの際のポイントを解説!

大学3年生の秋頃になると、4年生からの研究室を選ぶことになると思います。 現在大学院2年生の私が、研究室を選ぶにあたって気をつけるべきポイントを説明しましょう。 最初に言っておきますが、研究室選びはマ …

【疑問】物理選択ですが、農学部に入っても大丈夫ですか?

こんにちは、威吹電男です。 高校で物理を選択しており、生物をやっていないんだけど、農学部に興味がある。 そんな人がいるみたいですね。 中には「入学後に苦労するのか」ということが気になっている人もいるよ …

数学が苦手な人は農学部に入りましょう

こんにちは。でんおです。   数学が苦手な高校生へ。 特に理由はないけど大学では何となく文学部や経済学部に進もうとしていませんか? そんな大きな夢や希望もないというような人は、ぜひ考え直して …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部