でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

就活

【食品業界内定】私が就活で実践した自己分析方法を紹介します

投稿日:2019年6月3日 更新日:

こんにちは。2019年の春まで就活をしていた威吹電男です。

就活といえば自己分析

僕はこの「自己分析」という言葉がかっこつけているみたいで何となく嫌なのですが(笑)、これは簡単に言うと、自分がどういった人間で、どういった仕事がしたいのかを考えて整理する作業のことです。

これをしないと、膨大な数の企業の中で、どこを受けるのかを決めることができません。

最初は、自分がどんな人間かぐらい分かるわ、と思うことでしょう。僕もそうでした。

しかし、まずは就活で必要とされる自己分析というのはどのくらいのレベルなのかを知らなければなりません。

今回は、実際就活をする上で、僕が自己分析としてどんなことをしたのかをお伝えします。




就活に必要な自己分析のやり方

面接で聞かれる定番な質問を把握しておく

自己分析というのは、自分がどんな人なのかを考えることですが、自分がどんな人なのかというのは面接で聞かれます。

すなわち、自己分析は面接対策でもあるのです。

ですから、いい加減な自己分析で面接に臨んだところで、落ちます。

まずは、どんな会社でもよく聞かれる、面接での定番の質問について、しっかり情報収集しておきましょう。

いくつか例を挙げると、

  • 長所は何ですか
  • 学生時代に熱心に取り組んだことは何ですか
  • 企業選びの軸は何ですか
  • 入社してからどんな仕事がしたいですか

などです。これらは全て自分に関する質問ですよね。

自己分析では、これらの質問に対する答えを考えていく必要があります。

特に、企業選びの軸(=志望動機)については、答えに詰まる人が多いので、特に対策が必要です。

例えば、僕は食品メーカーを受けていましたが、食品メーカーの中で最も人気といえるのが、明治です。

明治を受けたいという人はたくさんいますが、何も考えていない状態で、「なんで明治なの?」と聞かれたらどう答えるでしょうか。

「有名だから、大企業だから」

「お菓子が好きだから」

とかいう答えしか出てこないと思います。

当然ですが、こんなのは全員が思いつくことであり、面接でこれを言っても落ちるだけです。

実際の面接ではもっと深い答えが求められるのです。

 

自分の出した答えにツッコミを入れる

深い答えを作るにはどうすればいいのか。

それは、自分の出した答えに突っ込みを入れていくのです。

先ほどの明治を受けたい理由として挙がった「有名だから」という答えに突っ込むと、「なぜ有名なのがいいのか?」という問いが生まれます。すると、

「有名な企業に勤めているとかっこいいから」という答えが出たとします。

そこにさらに突っ込むと、

「有名な企業でなくても働き方次第でかっこよくなれるのでは?」となったりします。

なんか性格悪い感じが出てしまいましたね。

しかしこう言われると、

「よく考えたら所属する会社をかっこいいの理由にするのはおかしいな。どんな団体に属しても、自分が仕事できる人になればいい話じゃないか」

という考えが生まれたりもするかもしれません。

 

こうやって、明治がいいとなんとなく思ってたけど、実は明治じゃなくてもいいかも、という結論になったりするのです。

逆に今の突っ込みにも、「そうだ、俺は企業の名を使ってモテたい」と自信を持って言えるのであれば、それは正解なんだと思います。

これが自己分析です。

もちろん、「モテたい」と面接で話すことはないと思いますけど。

受ける企業を選ぶ上では大切なことです。

 

「お菓子が好き」ということに関しては、

「お菓子を食べるのが好きなのであって、作るのも好きとは限らないのでは?」などと突っ込めます。

それに対し、「いや、私は今まで学校の文化祭とかで出す商品を考えるのが好きだったから、お菓子でも同じことができるはず」と返せたら、すばらしいです。面接でもアピールできます。

 

こうやって、自分が考えたことに対して突っ込みを入れていくと、その考えが「何となく」なのか、根拠がしっかりしたゆるぎないものなのかということを判別できるわけです。

面接やエントリーシートでは、「何となく」な回答は許されません。

ぼんやりとした理由で入社すると、「なんか思ってたのと違った」となって辞めてしまうことになりかねないからです。

こういった体験があるから、こういった考えがある!という、自分の考えの根拠となる事実までを確認していかなければならないのです。

 

自分を表す言葉(表現)を書き出してみる

僕は就活のための専用ノートを準備していたので、とりあえずそこに自分の性格を簡単な表現で書き出してみました。

そして、そこから連想される(その性格の根拠となる)行動の特徴だったりを書き足していきます。

マインドマップとかいうやつですね。

自分はこういう性格だと思っていても、それを裏付けるような具体的な行動が全く出てこなかった場合は、勘違いである可能性がありますので、気をつけましょう。

そしてその後は、本格的に学生時代にがんばったことのエピソードを書き出し、そこでどういった自分の性格が活かされたのかということを考えるわけです。

 

(文字が見にくいかもしれませんがお許しください・・・)

例えば、一番左に書いてありますけど、3年生の時にサークルの会計をやったことについては、「几帳面」「整理整頓が得意」といったことにつながっています。

 

企業や職種選びとも関連づけていく

自分の性格が分かったところで、それをもとにして志望動機を作ると、説得力が増します。

僕の場合の「なぜ食品の研究・開発職なのか」ということを考えた結果がこちらです。

 

「有機物が好き、食生産の大切さを感じた→食品業界!」

「アイデアを形にすることに楽しさを感じる→開発職!」

という感じですね。

まあとにかく、

本当にその業界でいいのか?どうしてその職種なのか?

といったことを、自分の体験や性格を根拠に真剣に考えてください。

そして、面接でも話せるように、一連のストーリーにしてみましょう。

こういうことがあって、こんなことを感じて、それで今はこう思ってて、だから御社を志望します!みたいな。

 

そんなきれいなストーリーにならないわ、と思うかもしれませんが、

実際つながらなくても無理やりつなげるのです。

つなげ方が分からないというのであれば、とりあえずネットに転がっている志望動機の例文をひたすら読みましょう。

読んでいるうちに何となく作り方が分かってくると思います。

 

この「でんおのブログ」でも、志望動機の書き方を紹介しています。

ぜひお読みください↓

食品業界における志望動機の書き方【例文あり】

 

とにかく、面接官に聞いてもらうには、こうだからこう、と理論立てて話すことが必要です。

そして、その中には必ず自分の思いを入れること。

食品業界であれば、

「大学で農業を学ぶうちに、食の生産のおもしろさに気づき、私もそこに携わりたいと思うようになりました!」

という感じです。

大学の専攻と全然違う業界を受けるにしても、

「大学で農業を学びましたが好きになれず、家でパソコンをいじっている方が楽しかったので、IT業界を志望しました!」とも言えるわけです。

自分で納得することももちろん必要ですが、それと同時に相手をいかに納得させるかも考えましょう。

 

まとめ

自己分析は、企業選びに失敗しないようにするためだけでなく、面接対策でもあります。

「こういう性格だからこういう活動をしてきた」「こういう活動をしてきたからこういう思いがある」という、論理づくりを目指しましょう。

ではまた。



-就活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食品業界ではお金持ちにはなれない理由【解決方法も提案】

こんにちは、威吹電男です。 社会人1年目で、食品業界で働いています。   大学生の就職先として、キラキラした食品業界は人気です。 「将来明治とか森永とかで働いてみたいな」 などと思っている人 …

院卒の僕が食品工場で半年間働いてみた感想

こんにちは、威吹電男です。 理系(農学)の大学院を卒業して以来、食品工場で製造のお仕事をしています。   農学部から食品は王道のコースとはいえ、 「院卒なら研究職なんじゃないの?」と思う方も …

就活は都心の大学生が圧倒的有利です

今年の春まで就活をしていた威吹電男です。 私の経験から、就活をする上で大学の場所というのは非常に重要であるという話をします。 目次1 就活は都心の大学生が圧倒的有利1.1 就活は都心で行われる1.2 …

【インターンシップとは】何するの?どうやって申し込むの?選考に影響は?

就活を始めようとしている学生のみなさん。 就活にはインターンシップというものがあります。 インターンシップとは何なのか。簡単に言うと、「体験型の企業説明会」です。 これまでも、10社以上のインターンシ …

さすがに意味が分からない、就活における服装マナーについて語る

こんにちは、合理主義の威吹電男です。 就活は2018年夏~2019年春にかけて行っていました。   就活中は、服装に気を遣う必要があります。 以前こんな記事を書きました↓ 「就活でスーツを着 …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部