でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

大学生活

大学生がアルバイトをするメリットとは【経験者が語る】

投稿日:2019年5月19日 更新日:

大学生はなぜアルバイトをするのでしょうか。

「アルバイトなんてしない方がいい」という意見は時々聞きます。効率が悪く、得られるものが何もないからだと言います。

これまで飲食店と学習塾のバイトを経験してきた僕ですが、そのような記事を目にするたびに、アルバイトをやっていなかったらどうなっていただろうかと考えてみたりするのですが、結果アルバイトはやって良かったと思っています。

 

今回は、大学生がアルバイトを通して得られるものについて解説します。





大学生がアルバイトをするメリット

僕がアルバイトをおすすめする理由は、以下の4つのことが得られたからです。

アルバイトで得られるもの①:お金

当たり前の話ですが、アルバイトをするとお金がもらえます。お金がもらえないならそれはボランティアです。

ただし、お金を稼ぐ方法はアルバイト以外にもあります。

アルバイトのメリットは、能力がなくてもとりあえず始めればすぐにお金が手に入るということでしょう。

ブログを始めたり起業したりするのも手ですが、稼げるようになるまでに時間がかかります。放課後や土日をうまく使えば、月に5万円は割と余裕だと思うので、貯金すれば遊びやらに自由に使うことができます。自分の力で稼いだという達成感を味わうこともできます。

奨学金を借りた方がいいという意見もありますが、私はいくら利子が低いとはいえ借金はしたくなかったのでやめておきました。そんなの気にしないという人は、大いにありだと思います。アルバイトって、時間と体力を消費しますからね。

アルバイトで得られるもの②:人脈

お金を気にしなくても、これも結構良いのではないかと思います。

社会人とも関われるいい機会ですし、仲間と飲みに行ったり遊んだりできます。運がよければ彼氏や彼女ができたりするかもしれません。

ちなみに僕は2年生の時にバイト先の子に告白して振られました。今となってはいい思い出です(?)。

アルバイトで得られるもの③:社会の仕組みを知る機会

これも考えようによっては魅力的です。

僕の場合、初のアルバイトは「焼肉きんぐ」という焼肉食べ放題のファミレスでした。知ってる人も多いと思います。

飲食店の厨房に入るという経験は人生で初めてだったので、かなり興奮していたのを覚えています。

 

しかし、そこでの労働はつらいものでした。アホみたいに忙しいのです。

働き始める前に覚悟はしていましたが、それでも、体力を持っていかれる持っていかれる。

人が足りていない時に大量の注文を受け、対処のしようがなくなった時は絶望です。もう無理、どうにでもなれ・・・という気持ちです。

バイトもそうですが、責任を背負った社員はもっと大変です。

珍しいようですがうちの店には社員が6人もいて、それぞれが仕事のできる優秀な方々だったのですが、全員出勤していても、ピーク時には余裕なんてありません。

食べ放題の注文スピード、半端じゃない。

 

彼らがここまで苦労している一方で、

塾講師を見てみると、

なんと楽にみえることか。

 

決して暇というわけではありません。やることはたくさんあるでしょう。

しかし、基本座って作業するので、体を動かすということがないのです。

グループの授業の時くらいしかありません。頭を動かしてるんだから疲れるだろ、と思うかもしれませんが、飲食のつらさに比べれば大したことありません。

しかも退勤は遅くとも22時。いや充分遅いんですけど、飲食だと平気で26時とかになりますからね。24時間営業であれば、生活リズムなんて死にます。

それに比べればとてもホワイトに見えてしまうわけです。

しかしどちらが給料高いかというと塾の方でしょう(会社にもよると思いますが)。アルバイトも、飲食スタッフよりも塾講師の時給の方が高いはずです。

明らかに飲食の方がつらいのに、です。

塾が楽といいましたが、ほかを見ればさらに楽な業界はいっぱいあります。フリーのエンジニアとかでも楽でしょうね。それでいて、給料は飲食とかよりもめちゃめちゃ高いのです。

これが社会です。

一般に、誰でもできる仕事は給料が低くなります。アルバイトは基本よほどのバカでなければ誰にでもできるものですし、特に飲食などにおいては、体さえ動かしていればいいので、薄給なのです。

アルバイトをすれば、これを身をもって理解することができます。その上で、自分はどうなりたいかを考えることができます。一度つらい思いをすれば、今後そうならないために頑張れるのではないかと思います。

長くなってしまいました。アルバイトのつらさを理解できたら、それはもう続ける意味がありません。ただつらいだけです。

「人が足りないから入ってあげる」という心の優しいことをしていても、自分には何のメリットもありません。

僕もかつてそうしていましたが、アルバイトなんて、代わりはいくらでもいるのです。それよりもほかで稼ぐための勉強をした方がいいでしょう。

アルバイトで得られるもの④:時間潰し

最後に、得られるものと言っていいのか分かりませんが、正直勉強したくないし暇だけど特にやりたいこともないという人にとって、アルバイトはいい暇つぶしになるでしょう。

指示通りに動いていれば、いつの間にか時間は流れ、勝手にお金が入るわけです。

 

まとめ

アルバイトで得られるものを上記に書きました。

これらを得たい!と思うのであればやればいいし、別に要らないと思うならやらなければいい話です。やりたくもないアルバイトをいやいややらなくても、生きていく方法はいくらでもあるはずです。

繰り返しになりますが、僕の場合、アルバイトは結構やっており、それで上記のことが充分得られたので後悔はしていません。

後輩にも、アルバイトはするべきかと聞かれたら、しておいた方がいいのではと言います。

ただし、就活前に塾を退職して以来、もう時給労働のアルバイトをやるつもりはありません。努力次第でどこまででも稼げるブログに精を出します。

ではまた。



-大学生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【絶対お得】大学生は免許合宿に行くべき!

免許合宿とは、自動車学校が開催する、運転免許を取得するための合宿である。 入校から卒業まで2週間程度、自動車学校のある地域に泊まり込んで、通いながら生活を送るものだ。 そして僕は、大学生が免許を取るな …

【スタイル別】大学の授業の受け方!高校との違いも解説

こんにちは、威吹電男です。 大学は2018年春に卒業しました。その後大学院を経て、今は社会人一年目です。   大学生になったばかりのみなさん。 これを書いている2020年春の時点では、コロナ …

就活は都心の大学生が圧倒的有利です

今年の春まで就活をしていた威吹電男です。 私の経験から、就活をする上で大学の場所というのは非常に重要であるという話をします。 目次1 就活は都心の大学生が圧倒的有利1.1 就活は都心で行われる1.2 …

将来に悩む大学生が必ずやるべきこと【幸せに生きよう】

こんにちは、威吹電男です。 今年の春から食品業界でサラリーマンをしています。 学生時代は、趣味もなく、研究にもそこまで身が入らず、自分が何をすべきかに日々悩んでいる状態でした。 今日はそんな僕が今感じ …

大学の勉強が役に立つ場面を考えてみた【結論:会話ネタにしよう】

こんにちは、威吹電男です。 大学は農学部で、大学院(修士)まで出ています。   「大学の勉強って役に立たないよね」とよく言われます。 実際その通りで、農学すなわち食の生産という一見実用的な学 …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部