でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

大学生活

大学生がバカになる理由を考察してみた

投稿日:2019年6月30日 更新日:

こんにちは、威吹電男です。

数日前にバズっていたツイートです。

よく見るLINEのスタンプをうまく使った風刺画像。

 

これから大学に進学するという人、「さすがにネタだろ」と思ったでしょうか?

しかし残念ながら、多少の脚色はあれど、この画像が現実に近い状況を表していることは確かです。

 

おい、お前ら勉強しにきたんじゃないのか。

 

そう言いたい人もいるはず。

 

基本的に、高校時代どんなに勉強した人でも、大学に入ったとたん勉強しなくなります。

授業中は好き勝手し、レポートも適当、テストも過去問の答えを丸暗記。バカまっしぐらです。

なぜこうなってしまうのでしょう。

 

大学生本人ももちろん悪いですが、大学や社会の構造にも問題があると思います。

今回はそこを考えてみます。

 


大学生がバカになる理由

日本の大学生がバカになる理由、ひとまず3つの原因があると思っており、以下の通りです。

  1. 大学の講義がつまらない
  2. 卒業が楽勝
  3. 就活に成績が関係ない

順に解説します。

①大学の講義がつまらない

突然ですが、この世で最も授業がうまい人は誰でしょうか。

それは、「予備校教師」だと思います。

 

彼らは授業のプロです。

分かりやすい言葉遣い。よく通る声。大げさな身振り手振り。絶妙にくだらないボケ。

「生徒を惹き付ける」上で必要な要素が全て詰まっています。

 

それが、大学に入るとどうでしょうか。

「おっさんがマイクもってペラペラしゃべっている」

これが大学の講義です。

プロジェクターで写されたスライドはずんずん進む。

学生は置いてけぼり。

受験のために必死に予備校に通い続けた人は、あまりの落差にがっかりしてしまう人も多いのではないかと思います。

 

大学の教授は、研究のプロではありますが、教育者のプロとは言い難い。

研究大好きでも、学生の面倒はろくに見ないという人はいっぱいいます。

そんな人の授業がおもしろいはずがありません。

アクティブラーニングなんて異次元の世界です。

 

大学は勉強する分野を選べるところですが、その学問のおもしろさを授業で提供してもらおうと思ってはいけません。

 

好きな学問は自分で学び、探していくもの。

 

よって、初めからやる気のない人は、大学の勉強は死ぬほどつまらないかと思います。

覚悟しておいてください。

 

もちろん、授業のうまい先生もいますよ。

気になる人は、情報をかき集めて、そういう先生の授業を選ぶようにすればいいですね。

私の母校である筑波大学も、学科にまるで予備校教師のような数学の先生がいました。

授業がとてもおもしろかったので、数学の苦手な僕でも、がんばって修得できたわけです。いや、ありがたい。

 

②卒業が楽勝

適当な授業を適当に聞いて、適当なレポートを出して、適当にテスト対策をして・・・

それでも卒業できてしまうのが大学です。

 

もちろん例外があるのは承知ですよ。

僕のいとこが東京理科大学出身ですが、厳しいという噂の通り、当たり前のように留年してました。それはそれで辛い・・・

 

ただ、大半の大学、特に文系や、僕のいる農学部なんかは、留年なんて基本的にあり得ません。

ほどほどにサボったとしても、出席・レポート・テストの合計で6割取れれば、単位はもらえるわけです。

 

いや稀にいるんですよ。「単位落としすぎて進級できなかった」とかいう人。

え、バカなの??

意図してそうしたとしか思えないんだけど??

 

僕の感覚では、単位を落とすなんて、授業を半分近く欠席した上に、寝坊でテスト欠席したとか、それくらいヤバいミスをしないと遭遇しないと思っています。

よっぽどですよ。そこまでのサボりマンは。家で何してるの?

しかも、うっかりしたミスに対しては、救済を取ってくれる先生もたくさんいるはず。

それでも落とすなんて、もう僕の理解を超えちゃってるよ・・・。

 

③就活に成績が関係ない

今の日本では、大学は「入学する」ことに意味があります。

卒業は比較的楽勝なので、在学中の勉強はがんばってもがんばらなくても変わりません。

また、大学でいくら優秀な成績を収めたとしても、就活にはほとんど影響しないのです。

たとえ出席卒業であったとしても、就活が終わってから分かるものですからね。

 

それよりも、アルバイト・サークル・その他課外活動でのがんばりの方が、アピールしやすいし評価もされやすいのです。

大学は勉強するところなのに、これはおかしいと思いませんか??

 

コミュ力ある人を欲しがるのは分かりますが、もっと勉強をがんばっている人がどんどんアピールできてそれが評価されるような就活にならないと、アホなぐうたら大学生はいつまでも減らないですね。

 

結局、大学でどう過ごせばいいのか?

大学は勉強するところですが、勉強をがんばったからといって報われるとは限りません。

もちろん、留年しない程度の単位の取得は必要ですよ。

しかし、単に「学歴さえ手に入ればいい」と思っている人は、勉強をがんばることは放棄して、ひたすらコミュ力をつける活動をしておけばいいのではないかと思います。

 

まあ中には、勉強をがんばった人を評価してくれる会社もあると思うので、どうしても勉強をがんばるんだ!という人は、そういう会社を探して行けばいいと思います。

結局は自分に合った会社を見つけるのが就活ですからね。

 

私の場合、勉強は嫌いではないですし、真面目な性格なので

「せっかく授業料を払っているのに遊びまくるのはもったいない」と考え、

最低124単位で卒業できるところを160単位以上も取得し、落単ゼロでした。結構達成感あります。

しかしそれだけではまずいので、サークルやバイトも普通にしていました。

他にも、友達を誘ってダイビングの免許を取得したり、海外研修でフランスに2週間行ったりと、割と積極的に動いたので、コミュ障陰キャから少しはマシになれたと思っています。

 

最後に

大学生活においては、自分が何に注力すればいいのかをよく考えましょう。

参考記事も貼っておきます↓

将来に悩む大学生が必ずやるべきこと【幸せに生きよう】

くれぐれも後悔のないようにがんばってください。

ではまた。

-大学生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルバイトの面接が不安な人へ【ポイントを押さえれば楽勝です】

アルバイトをしている大学生のみなさん。 もしくはこれからアルバイトを探す予定のみなさん。 アルバイト先に採用される前には、おそらく面接があると思います。 私も1年生の時に受けました。 当時の私は、人生 …

バイト選びに悩んでる方へ―おすすめは塾講師です

こんにちは、威吹電男です。 大学生のみなさんであれば、アルバイトって何したらいいんだと思う方も多いと思いますが、私がとにかくおすすめするのは塾講師(家庭教師)のアルバイトです。 理由は、「人にものを教 …

【絶対お得】大学生は免許合宿に行くべき!

免許合宿とは、自動車学校が開催する、運転免許を取得するための合宿である。 入校から卒業まで2週間程度、自動車学校のある地域に泊まり込んで、通いながら生活を送るものだ。 そして僕は、大学生が免許を取るな …

各地の大学で農学部が増設されている話

こんにちは。 農学部で研究中の威吹電男です。 最近研究室の学生・教員の過疎化が激しいです。 今年の4月には、3人しかいない教員のうちの一人が福島大学に移籍しました。 新しくできた農学群の教授になったそ …

【実家?一人暮らし?】大学生には一人暮らしをおすすめします

大学生のみなさん、現在一人暮らしですか?それとも実家暮らしですか? 茨城に住んでいる僕の周りは、僕も含めてほとんど一人暮らしですが、就活で東京に行くと、実家の方が多数派だったりします。 さて、一人暮ら …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部