でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

大学生活 農学

数学が苦手な人は農学部に入りましょう

投稿日:2019年11月20日 更新日:

こんにちは。でんおです。

 

数学が苦手な高校生へ。

特に理由はないけど大学では何となく文学部や経済学部に進もうとしていませんか?

そんな大きな夢や希望もないというような人は、ぜひ考え直して、農学部に入りましょう。





数学が苦手な人は農学部に入りましょう

農学部では、数学は必要ありません

理系に分類されることの多い農学部ですが、農学部に6年間いる僕の体感として言えることです。

 

ただし先に言っておくと、農学の範囲は幅広いので、全てにおいて数学が必要ないとは言えません。数学を使う学問ももちろんあります。

しかし、数学を一切使わない農学部生が多くいることも確かです。

 

農学部というのは、農業について学ぶところです。

農業は、生物を利用して食べ物を育てる産業です。

すなわち、農学というのは生物学の上に成り立っているものであり、生物の実践応用学です。

生物の理解に数学はほとんど出てこないということは、中学や高校で生物を勉強している方ならお分かりでしょう。

農学の中でも代表的な、

  • 作物学
  • 園芸学
  • 畜産学

といったいわゆる農作物の知識を学ぶ学問においては、暗記が9割以上を占めますので、数学的センスは一切必要ありません。

それでいて、「理系」と名乗ることができるのですから、コスパは良いものです。

 

真の理系学部といえば、理学部や工学部などであり、これらに入るとめちゃくちゃ数式を扱うことになると思います。

一方、農学部の僕はというと、数式はほぼ使いません。

敢えて言うなら、実験結果の統計解析が数学っぽいですね。ここだけは避けられません。

しかし、それぐらいです。

 

経済学部の方が理系です

経済学部には全然詳しくありませんが、おそらく農学部よりも数学を使う機会が多いのではないでしょうか。

農学の中にも実は農業経済学とかいう学問もあって、僕も授業を少し受けたことはありますが、式とグラフがいっぱいでてきてめちゃくちゃつまらなかったことを覚えています(経済学の人が読んでいたらすみません)。

ということで、数学が苦手だから経済学部に行くというのはおかしい選択だと思います。

どうせ起業してビジネスを始めたりとか、会計士とかにならないのであれば、他の人文系の学部に行った方がいいでしょう。

 

就活生からの人気を維持し続ける食品業界

「数学出来ないから文系行きま~す」って言っている人でも、就職の際には食品メーカーを志望しちゃってったりしますよね?

「食品産業は安定しているから」とか、「身近な食品を作ってみたいから」とか言いますよね?

農学部には、食品機能学や、食品衛生学などという分野があります(ただし、大学によるので自分でもちゃんと調べること)。

いずれも計算ではなく知識の話なので、興味があれば楽しく学ぶことができるはずです。

 

断言はできませんが、おそらくそういった学問を学んでいる人の方が、食品メーカーの就職では有利なのではないかと思います。

特に企画や商品開発、品質管理とかになると、ライバルは大量にいるわけです。

大学で絶対にこれを学びたいというものがあるなら、その分野に進めばいいと思いますが、ただ何となく理系は難しそうだからという理由で、文学部やら経営学部に入るという人が大半だと思います。

それらの学部では、おそらく大学での学びが一切アピールにならないはずです。希望の進路は変わるかもしれませんが、食品関係に進む可能性が少しでもあるならば、農学部に入るのもアリです。

「大学でこういうことを学び、それとつながりのある御社を志望しました」みたいなことを言えば、面接官も納得せざるを得ません。

 

現に僕も、大学で畜産を勉強していたため、それをアピールすることで、食肉の会社からはあっという間に内定をいただくことができました。

会社側だって、自分たちの仕事に理解ある人を採りたいのは当然でしょう。

 

農学部は文理融合学部

実際、農学の範囲は広いので、ガチ理系の学問もあります。

  • 環境工学
  • 高分子化学

このあたりでしょうか。理学部の内容とも割とかぶっていると思います。

そういったことに興味を持てれば、そちらに進むのもありです。

しかし、僕はそういった理論系の学問は、1・2年生では授業を受けていましたが、3年生以降はほぼ避けて、暗記の分野でがんばりました。

結果、問題なしです。

 

大学での学びだけでなく、入試での2次試験が文系科目のみで受けられる農学部も存在します。

僕のいる筑波大学の生物資源学類はまさにそれです。

僕は2次試験は英語と化学と生物で受けており、数学はなしです(センターのみ)。

他にも、英語と地理で入るという選択肢もあるのです。

農学部は、厳密に理系であるとか文系であると決めることはできないのです(そこが魅力でもあります)。

 

まとめ

農学部は、理系に分類されることが多いですが、数学が苦手な人でも入れる特殊な学部です。

もし、生物や、食料生産に少しでも興味があるというのであれば、入ってみることをおすすめします。

ではまた。




-大学生活, 農学

執筆者:


  1. […] 数学が苦手な人は農学部に入りましょう […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

各地の大学で農学部が増設されている話

こんにちは。 農学部で研究中の威吹電男です。 最近研究室の学生・教員の過疎化が激しいです。 今年の4月には、3人しかいない教員のうちの一人が福島大学に移籍しました。 新しくできた農学群の教授になったそ …

【絶対お得】大学生は免許合宿に行くべき!

免許合宿とは、自動車学校が開催する、運転免許を取得するための合宿である。 入校から卒業まで2週間程度、自動車学校のある地域に泊まり込んで、通いながら生活を送るものだ。 そして僕は、大学生が免許を取るな …

就活は都心の大学生が圧倒的有利です

今年の春まで就活をしていた威吹電男です。 私の経験から、就活をする上で大学の場所というのは非常に重要であるという話をします。 目次1 就活は都心の大学生が圧倒的有利1.1 就活は都心で行われる1.2 …

【暗記の味方】赤シートを使ったおすすめ勉強法

こんにちは、威吹電男です。 考察系の勉強が重視されてきているとはいえ、やはり知識がないと考察もできないため、知識を増やすための暗記は勉強の基本だと言えるでしょう。 そんな中、 覚えなきゃいけないことが …

【大学3年生向け】研究室選びの際のポイントを解説!

大学3年生の秋頃になると、4年生からの研究室を選ぶことになると思います。 現在大学院2年生の私が、研究室を選ぶにあたって気をつけるべきポイントを説明しましょう。 最初に言っておきますが、研究室選びはマ …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部