でんおのブログ

農学部を卒業したおじさんによるお役立ち情報サイトです。

就活

【電車vs.バス】つくば↔東京のおすすめ移動手段

投稿日:2019年7月14日 更新日:

どうも、つくば市に住む大学院生、威吹電男です。

つくばは良い町ですが、東京へ出るとなると、少し面倒です。

 

特に就活においては、インターンシップをはじめ、会社説明会、筆記試験(テストセンター)、面接等、ほぼ全て東京で受けました。

仕方ありません。サラリーマンというのは東京に集まるものですからね。

 

就活についてはこちらの記事もおすすめです↓

「就活は都心の大学生が圧倒的有利です」

 

もちろん就活に限らず、遊びで東京に行く人もいると思います。

今回はつくばから東京までどうやって行くのか問題の話をします。




つくば↔東京のおすすめ移動手段

結論:TXよりバスがおすすめです

つくばから東京に行くとなれば、多くの人が真っ先に思いつくのはつくばエクスプレスだと思います。

つくばエクスプレス、通称TXは、秋葉原駅を始点として終点つくば駅までを最速45分でつなぐ高速鉄道です。

僕も、就活始めたての頃までは、当たり前のようにTXを使っていました。都内にある祖母の家に行く際も同じです。

しかし、今となってはTXにお世話になる機会は減り、代わりにバスを使う頻度がめちゃ上がりました。どうしてでしょうか。

 

TXとバスを比較して解説していきますね。

 

高速バスは意外に速い

僕がなぜTXを使い続けていたかといいますと、時間に正確ですし、何せ絶対バスより速いだろうと思っていたからです。

バスであれば、渋滞で遅れる可能性がありますからね。

しかし、実際かかる時間を比較してみると、そうでもないことが分かります。

 

つくばから東京駅まで行くとして、電車だとこうなります。

つくば→(つくばエクスプレス)→秋葉原→(JR山手線)→東京

約1時間5分

一方バスの場合。

つくばセンター→(高速バスつくば号)→東京駅

約1時間30分(平日)、約1時間15分(休日)

途中の停留所が多い平日でも25分の差。

この差を大きいと取るか、小さいと取るかは人それぞれですが、僕は「ああ、そんなもんか」と思いました。

しかも、これがほとんどブレないのです。

就活中何度も乗りましたが、渋滞は多少は起こっても、片道2時間かかることはまずなかったと思います。

遅れても20分程度だったような。

しかも、遅れて間に合わない!となったら途中(八潮PA)で降りて、TXに乗りかえることもできます。

安心のサポートです。

 

TXは通勤ラッシュで激混み

TXの悪いところは何でしょうか。

まずは「混むところ」ですね。

朝7時台とか、夕方6時台とかのTX、どんだけ人がいると思ってんの。

おらおらおらの詰めかけ押し放題、むさくるしい、座れない、ひどい有様です。

 

バスの何がいいって、「絶対に座れるところ」なんですよ。忙しいサラリーマンたちはなぜか皆TXに吸い寄せられるので、基本的にバスは席に余裕があります。

つくばセンターから出発する場合、満席で座れないということはまずありません。

東京駅からつくばに行くやつは、たまに満席になりますが、もし満席になった場合は「満席で座れません!次の便をお待ちください!」となり、立って乗るということがありません。

行きはまだしも、帰りとなれば活動後で疲れています。座れないでずーっと立っているのはつらいですよ。

仮に座れたとしても、横がデブとかであれば圧迫されたり、肘が当たったり肩にもたれられたりするので、落ち着いて寝たりできません。

しかも電車の横揺れと言うのは意外と煩わしいものなのです。

バスであれば、席は全て前向きですし、窓際に座れることがほとんどで、疲れてても壁にもたれて快適に眠ることができます。

 

TXは料金が高い

TX、つくばから秋葉原、片道1205円。

たけえ。たけえですよ。

実際秋葉原まで乗ることはほとんどなく、北千住で乗り換えることになりますが、それでもたけえです。

 

例えば、つくばから新宿駅まで行くとしましょう。

つくば→(つくばエクスプレス)→北千住→(JR常磐線)→日暮里→(JR山手線)→新宿

約1時間半、乗り換え2回、片道1356円

または、

つくば→(つくばエクスプレス)→新御徒町→(都営大江戸線)→新宿西口

約1時間半、乗り換え1回、片道1372円

という感じです。

 

つくばから池袋までであれば、

つくば→(つくばエクスプレス)→北千住→(JR常磐線)→日暮里→(JR山手線)→池袋

約1時間15分、乗り換え2回、片道1268円

となります。ルートは新宿行くのとほぼ変わりませんね。

 

これが就活のたびに繰り返されるので、交通費はバカになりません。

3月は特に週4とかで東京に出向いていたので、インターンに行っていた時期から合わせると、全部で10万円くらい使ったのではないかと思います。

 

さて、一方バスだとどうでしょう。

同じ新宿まで行くとします。

つくばセンター→(高速バスつくば号)→東京駅→(JR中央線)→新宿

約2時間、乗り換え1回、片道1018円

300円以上の差になります。

 

これはなぜかというと、単純にICカード払いの場合、つくばから東京までの運賃が820円だからなんですよね(2020年6月現在)。

名目上は期間限定キャンペーンですが、効果がかなりあるのか、何度も延長されていますので、今後しばらくは続くと思います。

まあ大した差じゃねえだろと思われるかもしれませんが、金欠大学生にとってはありがたい話です。

 

ちなみに、これは行きだけの話で、帰りの東京からつくばの運賃は1150円です。

ただこれでもTXを使う場合と比べるとまだ安いんですよね。

 

これに加えて上で述べた「座れる安心感」も考慮すれば、東京駅付近で用事を済ませた場合は特に、時間に追われていない限り使わない手はありません。

 

バスは充電ができる

高速バスの場合、2回に1回くらいの割合で、座席に電源があるんです。

寝ないとしても、充電しながら、携帯とかパソコンを操作できるんです!最高じゃないですか。

バス会社さん、どうせなら全てのバスにつけてくださいよ。

 

まとめ

つくばから東京に行かれるみなさま、あるいは東京からつくばに来るみなさま、ぜひ次回からTXではなくバスを利用してみてはいかがでしょうか?

ああ、僕も早くバスの良さに気づいて使っておけば良かったなあ!



-就活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

就活は都心の大学生が圧倒的有利です

今年の春まで就活をしていた威吹電男です。 私の経験から、就活をする上で大学の場所というのは非常に重要であるという話をします。 目次1 就活は都心の大学生が圧倒的有利1.1 就活は都心で行われる1.2 …

【インターンシップとは】何するの?どうやって申し込むの?選考に影響は?

就活を始めようとしている学生のみなさん。 就活にはインターンシップというものがあります。 インターンシップとは何なのか。簡単に言うと、「体験型の企業説明会」です。 これまでも、10社以上のインターンシ …

就活でスーツを着る理由について考えてみた

つい先月就活を終えたばかりの威吹電男です。 就活をする上で必ず手に入れなければならないものがあります。 スーツです。 日本の就活ではスーツを着るのが常識となっています。就活だけではありません。社会人に …

【創作パロディ】もしも桃太郎が今風の大学生だったら

目次1 童話:起業家ももたろう(威吹電男 作)2 あとがき:大学生のみなさんへメッセージ 童話:起業家ももたろう(威吹電男 作) むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがくらしておりました …

【食品業界内定】私が就活で実践した自己分析方法を紹介します

こんにちは。2019年の春まで就活をしていた威吹電男です。 就活といえば自己分析。 僕はこの「自己分析」という言葉がかっこつけているみたいで何となく嫌なのですが(笑)、これは簡単に言うと、自分がどうい …

威吹 電男(いぶき でんお)

1995年生まれ。大学で農学(畜産学)を専攻し、修士卒で食品業界に就職。
サラリーマンをしつつ副業として情報発信を行っています。

詳しい生い立ち等はこちら

Twitterアカウント→@ibukideno

YouTubeチャンネル→でんおの農学部